フランチャイズの募集をチェックしよう|安定した収入をゲット

アジア進出の第一歩

婦人

現地法人設立の流れ

豊富な人口と天然資源に恵まれ、高い経済成長率を誇るインドネシアには、すでに数多くの日本企業が進出しています。親日的な国としても知られていますが、法律や商習慣の違いからトラブルになるケースも見られます。インドネシア進出を成功させるには、専門的なノウハウを持つコンサルティングサービスの利用が鍵になります。まったく足がかりがない状態からインドネシア進出を考えているなら、まず現地の事情についてコンサルティング会社から詳しく説明を受ける必要があります。業種によっては直接投資が禁止されていたり、会社設立が難しかったりする場合もあります。法的な問題がなければ、ビジネスとして成立するか市場調査を行ないます。また実際に現地を訪問して、立地条件が適当かどうかを確認します。最終的に進出することを決定したら、現地法人の設立を申請します。提出書類に遺漏がないよう、コンサルティング会社からサポートを受けるのが望ましいでしょう。また工場やオフィスを契約し、機械装置や什器備品を整える必要もあります。さらに現地スタッフの募集と採用を実施し、雇用保険などの手続きを行なうにも、コンサルティングサービスが利用できます。法人設立後は、インドネシア国内での広告宣伝活動やコールセンターの設置などに関しても、サポートを受けることができます。無論すべてをコンサルティングに頼る必要はなく、業種によって必要なサービスだけを選ぶのが賢い利用方法と言えます。